刑事上の責任の種類

交通事故の加害者は損害賠償などの民事責任、免許取り消しなどの行政上の責任の他に刑事上の責任など法的責任を負う場合があります。刑事責任とは刑法に定められている刑罰を課されるということです。
交通事故における刑事上の責任については人身事故に対してと物損事故に対してがありますが、人命にも関わるため物損事故よりも人身事故に対してのほうが重い刑事責任を負うことになります。
人身事故については被害者がケガをした場合は過失運転傷害罪、死亡してしまった場合は過失運転致死傷罪が科されます。過失運転致死傷罪になると7年以下の懲役もしくは禁錮か,または100万円以下の罰金です。さらに飲酒運転やスピード違反、信号無視など悪質と判断されれば危険運転傷害罪や危険運転致死傷罪というさらに重い刑罰が科されます。これらは主に自動車事故に適用されますが自転車など自動車以外の事故に対しては業務上過失致死傷罪が適用されます。ただし上記はあくまで過失が前提です。故意と判断されれば殺人罪や傷害罪が適用されることになります。
物損事故の場合は基本的に刑事罰を科されることはありませんが、壊してしまったものが建造物であった場合は過失建造物損壊罪が科されることがあります。

コメントは受け付けていません。