休業損害に含まれるものとは?

交通事故によって傷害を負い、会社を休まざるを得なくなったような場合については、被害者は加害者に対して、その間の収入の減少分として休業損害の賠償請求を行うことが可能であるとされています。
この休業損害には何が含まれるかですが、あくまでも収入の減少分という位置づけですので、結局のところは事故直近の実績からみた給料などの基礎収入の金額に対して、休業した日数を乗じて得た金額ということになります。
被害者がサラリーマンであれば、月給の金額が頻繁に変わるようなことはなく、基礎収入というのは一定と考えられますので、この計算は比較的容易であるといえます。
自営業者などの場合については、確定申告における所得にもとづいて、この基礎収入を計算するというかたちをとるのが一般的です。
また、休業日数については、入院したときは通常その日数がすべてカウントされますが、通院であった場合には、ケガの程度が軽微で業務に支障がなかったり、医学的な見地からは完治しているにもかかわらず念のため病院を受診していた日数については、除外されることがあります。
こうした休業損害は、自賠責保険であっても任意保険であっても保険金として支払い対象になりますが、自賠責保険の場合には、休業損害日額に応じた定額であるのに対して、任意保険のほうでは実際の損害額を上記のような計算によって算出するのが原則となります。

コメントは受け付けていません。