傷害事故の場合に負う民事責任とは

自動車を運転する機会のある人であれば、誰でも、交通事故の加害者となる可能性があると言っても過言ではありません。そして、不幸にも交通事故のような傷害事故を起こしてしまった場合、当然ながら、様々な責任を負うこととなります。では、具体的にどのような責任が発生するのでしょうか。
真っ先に思い浮かぶのは、刑事責任でしょう。具体的には、刑法や道路交通法違反により罰金を科せられるのです。また、行政処分を受けることになります。これは、道路交通の安全確保の観点から、運転免許の停止や取り消しといった処分があるのです
そして、経済的な負担となる民事責任が挙げられます。被害者に対する損害賠償責任を負うことになるのです。この損害賠償の対象となるのは、事故による直接的な傷害ばかりではありません。事故に遭えば、被害者には後遺症が残る可能性もあります。不幸にも事故の加害者となってしまった場合、こうした被害者の後遺症に対しても、責任を負わねばなりません。つまり、損害賠償を支払わなければならないのです。こうした経済損失は、はかり知れません。
このように、自動車は、状況によって、凶器に変貌することもあります。運転中は細心の注意を払う必要があるでしょう。

コメントは受け付けていません。