事故の種類

交通事故の加害者なった際に、民事責任を負うというのは、被害者に対し損害賠償を支払う義務を負うということです。通事故を起こして他人に損害を与えたときは、民法の不法行為責任や自動車損害賠償保障法に基づいて、被害者が被った損害を金銭に換算し、その支払いで被害者の損害を回復してあげなさいとの考えです。
事故で被ってしまった損害を、金銭で評価し賠償金として支払う事でマイナスをもとの状態まで戻すイメージです。

様々なケースの事故が発生しますが、交通事故は人身事故と物損事故の2つに分類できます・
人身被害では、被害者が死亡した場合は死亡事故となり、傷害は負ったもの死亡には至らなかった場合は傷害事故となります。これらの人身・物損に対する民事上の責任に関しては、民間の自動車保険に加入していれば、保険会社が示談交渉を代行し、保険金支払いの形で相手方に過失分に対応した額を支払ってくれます。
民事責任に関しては自動車保険に加入していれば、大部分をカバー出来ます。
死亡事故なら億の賠償請求がくる場合もあります。物損事故でも踏切事故で列車の運行を妨げてしまったり、精密機械がつまれたトラックに追突した場合は莫大な賠償請求をされます。
運転リスクを考えたら自動車保険の対人・対物賠償は無制限にしておくべきです。

コメントは受け付けていません。